FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まかないレシピ お餅

こんにちは。

大晦日に餅つき大会を開催して以来、すっかりお餅にハマってしまいました
美味しい餅米を買ったので、あまった分は自分達用に少量でついてお雑煮にしたりして楽しみました。

炊飯器で餅米を炊く場合は、長時間浸水させる必要はないそうなので、短時間で簡単にできちゃいますよ

レシピ(というほどのものではありませんが‥)
お餅(3人分)
・餅米 3合(水分量は炊飯器のメニューのおこわを参照して下さい)

1.餅米を研ぐ
餅米は水を吸いやすいので、ささっと短時間で研いで下さい。
餅米を入れたザルをボールに重ねて研ぎます。
1回目の水はすぐに捨てます。
2、3回目は優しくこすって米ぬかを洗い流し、4回目はまたさっと流す程度で良いです。
とにかく素早く、餅米を崩さないように優しく研ぐということがポイントです。

2.炊く
おこわのメニューより、すこーしだけ減らした水分を入れてください。
水を入れたらすぐに炊き始めます。
炊飯器のおこわのメニューで普通に炊いて下さい。

3.蒸らす
炊き上がったら、15分くらい蒸らします。

4.餅をつく
蒸らしたら餅米をほぐして炊飯器から釜を取り出し、釜の中でしゃもじで餅米をよくつぶします。
裏返しにしたりして、全体的によくこねます。
米粒がなくなってきてまとまりが出てきたら、水をつけためん棒でつきます。
時々裏返しにして、まためん棒でつき、なめらかになり粘りが出るまで繰り返します。

画像 074

つき上がった状態。

5.食べる
つき上がったお餅の上にお湯を入れ、ぬるま湯で濡らした手で絞るようにして一口大に取っていきます。
おろし大根の中にいれたり、きな粉の中に入れておくと固くなりません。

つきたてのお餅は本当に美味しいですよ~

画像 075

今日は、お隣の京しずくさんからおすそ分けしていただいた白味噌仕立てのおだしで、京風雑煮にしてみました。

京風の雑煮は初めて作りました。
関東と違って、鶏肉や三つ葉は入らないんですね。
大根、金時人参、里芋が定番だそうです。
大根も人参くらいの大きさの小さいものを使うらしいです。
しかも餅は焼かずに茹でるそうです
面白いですね~。
関東と全く違いますね。

残ったお餅は、上新粉をまぶしてのしたり、丸めたりしてそのまま1日くらい置いて乾燥させます。
次の日は網で焼いて食べました。
柔らかくて美味しかったです。

ぜひ、ご家庭でも作ってみてくださいね

パン教室アトリエフレザージュ
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

フレザージュ

Author:フレザージュ
恵比寿ガーデンプレイス近くのアトリエで、夫婦でパンとお菓子の教室を開いています。
週に2回、ベーグルの販売もしています。
おかげ様で2017年1月で開講10周年を迎えました。
パン作りが初めての方から、これからパン屋さんを開きたいというプロ向けの方まで、幅広いレッスンをご用意しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。