FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実践コース:フランスパン

こんにちは。

じゃじゃーん
今日はシュトーレンに使うフルーツ類を漬け込みましたよ。

画像

レーズン、アーモンド、オレンジピールやレモンピールをシナモンやラム酒に漬けます。
ラム酒やスパイスの香りが工房中に漂っています。
パン屋を開店した時から毎年クリスマスになると作っている、シュトーレン。
この独特な匂いをかぐと年末だなーと感じます

さて、今日は実践コースのフランスパン
応用コースでは作れなかったお店で売っている40cmくらいの長さのものも含めて、
10本以上作ります。
フランスパンは捏ねや成形、焼成いろんなところに重要なポイントがありますので、
よーく勉強していってくださいね。

画像 003

まずは朝一手ごねから。
このあとミキサーでも捏ねていきます。

画像 007

成形前にふきんで練習。
フランスパン基本の成形です。

画像 011

フランスパン生地は柔らかくてベタつくので、扱うのが難しいんです。
ガスを抜きすぎないようにしながらも、しっかりと表面を張らせます。
皆さん、応用コースで経験済みなので慣れた手つきです。

画像 013

成形した生地はこんな感じでキャンバスマットに挟んでいきます。

画像 016

発酵が終わったらクープを入れます。
まずはご家庭での焼き方をデモします。

画像 017

そして皆さんの生地をスリップピールにのせていきます。

画像 019

そしてクープ。
皆さん最初のクープは恐る恐る入れるので、ツレちゃうことがあるのですが、
この後2回、3回と続くと最後はスパッと素早く切ることができるようになるんです!
スパッと切れるとツレることもなく、きれいに鋭利に切れるんですよねー。
何度も練習すれば誰でもできるようになりますよ。

画像 029

そしていつものようにイリュージョン

画像 020

焼き上がり~

画像 030

画像 031

工房中香ばしい香りが漂っています。
お疲れ様でした
お持ち帰りがいっぱいですね。
食べきるのが大変かもしれませんが(笑)、良い練習になったのではないでしょうか。
フランスパンはご家庭で上手に作るのはなかなか難しいですが、
今日習ったポイントを思い出してぜひ復習してみてください。

パン教室 アトリエフレザージュ
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

フレザージュ

Author:フレザージュ
恵比寿ガーデンプレイス近くのアトリエで、夫婦でパンとお菓子の教室を開いています。
週に2回、ベーグルの販売もしています。
おかげ様で2017年1月で開講10周年を迎えました。
パン作りが初めての方から、これからパン屋さんを開きたいというプロ向けの方まで、幅広いレッスンをご用意しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。