FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんずが出回ってますよ~!

こんにちは。
梅雨明けしていきなり猛暑になってしまいましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
この暑さ、殺人的です、ほんと。
日中は怖くて外に出られません(~_~)

この暑さで茶太じろうはどうにかなっちゃうかと心配しましたが、意外と元気に遊び回っています。
そうはいってもまだまだ小さいので、仕事で自宅を空ける時は、エアコンをつけて出かけてます。
冷暖房完備の部屋に住んで、かなりセレブな猫ですね~(-_-;)
野良猫ちゃんには内緒にしておかないといけませんね。

さて、今は1年に1度、あんずが出回る時期です。
東京ではほんの2~3週間しか店頭に出ません。
この時期を逃すとまた来年になってしまうので、私はここぞとばかりにジャムを作ったり、
コンポートにしたりして楽しんでます。

画像 649

甘酸っぱくて大好きなんです。
国産なので安心ですしね。
皆さんにもあんずジャムを楽しんでほしいので、レシピをアップしますね。

画像 651

まずは空き瓶を煮沸消毒します。
鍋にたっぷりの湯を沸かし、沸騰したらビンとフタを入れて煮ます。
15分ほど経ったらトングなどでビンとフタを取り出し、フキンの上で冷まします。
この時ビンの口は上に向けて置いて下さい。

1.あんずを洗い、包丁を入れて半分にカットする。
種の部分に刃を当てて、グルッと1周して切り込みを入れ、実を持ってひねって半分にする。
こんな感じ↓
apricot.jpg

2.↑この左側にある茶色い種を包丁で取り、実を適当な大きさにカットしておく。
3.あんず全量の45%のグラニュー糖を量り、あんずにまぶして30分ほどおく。
4.しばらくおいて水分が出てきたら、ホウロウの鍋にレモン汁も入れて火にかける。
5.強火で炊く。焦げつかないようにヘラで混ぜ、アクが出てきたら取る。
6.15分ほど火にかけているとだんだん煮詰まってきて、カサが減ってくる。
ヘラですくい、粘度が増して液がポトッポトッとゆっくりと落ちるようになったら火からおろす。
7.乾いたビンにふちギリギリまでレードルで詰める。フタをして逆さまにして冷ます。
8.ある程度冷めたらフタをしっかりと締める。

糖度が45%で低めなので、あまり日持ちしません。
清潔なスプーンを使用して、お早めにお召しあがり下さい。

さっぱりとした甘さでクセになりますよ!
ぜひこの時期、フレッシュなあんずでジャムを作ってみて下さいね。


スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

フレザージュ

Author:フレザージュ
恵比寿ガーデンプレイス近くのアトリエで、夫婦でパンとお菓子の教室を開いています。
週に2回、ベーグルの販売もしています。
おかげ様で2017年1月で開講10周年を迎えました。
パン作りが初めての方から、これからパン屋さんを開きたいというプロ向けの方まで、幅広いレッスンをご用意しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。